2019年 1月 18日 (金)

健康にいい食材を平野レミ扮する試食販売員がその場で料理 レミが出るとパッと華やぎ、正月気分に
〈カラダがよろこぶスーパーマーケット〉(フジテレビ系)

印刷

   お正月といっても、年々、正月らしい豪華な番組は減っており、レギュラー番組の長時間バージョンか、特番にしても、いかにコストを安くあげるかに注力しただけの番組が目立つ。
   この番組もスーパーマーケットの中でロケをしており、スタジオにセットを組む費用を大幅削減。コスパは最高。「カラダがよろこぶスーパーマーケット」のタイトルどおり、スーパーで売られている食材をテーマにしているので、それがむしろ活きる。唯一、お金がかかっていそうなのはゲストの高嶋政宏と矢田亜希子のギャラくらいか!?
   副題には「タコ・みかん・ねぎで認知症・風邪・がん予防」とあり、その食材の選び方や、効果倍増の食べ合わせを専門家が教えるもので、いわゆる健康番組でもある。たとえば、タコ。認知症予防にはタコ+タマゴ、骨粗鬆症予防にはタコ+チーズがいい、などというように。
   そして、その食材を使い、試食販売員が最強のレシピをその場で調理するという流れ。その試食販売員に扮するのは平野レミ。彼女が出てくるだけで、パッと華やぎ、正月らしさも一気に出る。レミが作った料理「食べればタコもんじゃ」というのがまた強烈で、フライパンに火をつけ、そこに千切りキャベツを投入し、手で混ぜ合わせるという荒技クッキングで、作る過程を見るだけでも楽しい。
   美味しいみかんは、「Sサイズで、軸が細く、底がくびれている」など実用的な豆知識もありがたい。これこそレギュラー化すべき。
(放送2019年1月5日13時30分~)

(白蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中