2020年 11月 28日 (土)

健康にいい食材を平野レミ扮する試食販売員がその場で料理 レミが出るとパッと華やぎ、正月気分に
〈カラダがよろこぶスーパーマーケット〉(フジテレビ系)

   お正月といっても、年々、正月らしい豪華な番組は減っており、レギュラー番組の長時間バージョンか、特番にしても、いかにコストを安くあげるかに注力しただけの番組が目立つ。
   この番組もスーパーマーケットの中でロケをしており、スタジオにセットを組む費用を大幅削減。コスパは最高。「カラダがよろこぶスーパーマーケット」のタイトルどおり、スーパーで売られている食材をテーマにしているので、それがむしろ活きる。唯一、お金がかかっていそうなのはゲストの高嶋政宏と矢田亜希子のギャラくらいか!?
   副題には「タコ・みかん・ねぎで認知症・風邪・がん予防」とあり、その食材の選び方や、効果倍増の食べ合わせを専門家が教えるもので、いわゆる健康番組でもある。たとえば、タコ。認知症予防にはタコ+タマゴ、骨粗鬆症予防にはタコ+チーズがいい、などというように。
   そして、その食材を使い、試食販売員が最強のレシピをその場で調理するという流れ。その試食販売員に扮するのは平野レミ。彼女が出てくるだけで、パッと華やぎ、正月らしさも一気に出る。レミが作った料理「食べればタコもんじゃ」というのがまた強烈で、フライパンに火をつけ、そこに千切りキャベツを投入し、手で混ぜ合わせるという荒技クッキングで、作る過程を見るだけでも楽しい。
   美味しいみかんは、「Sサイズで、軸が細く、底がくびれている」など実用的な豆知識もありがたい。これこそレギュラー化すべき。
(放送2019年1月5日13時30分~)

(白蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中