2020年 11月 30日 (月)

阪神・淡路大震災から24年・・・つらい体験をバネに心が成長!最新研究でわかってきた「PTG」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   田村直之アナが「PTG」を取り上げた。聞き慣れないが、「Posttraumatic Growth」のことで、「トラウマ後成長」と呼ばれる。最新の研究で、病気や事故、災害、家族の死など、つらい出来事をバネに心が成長することがわかってきた。

   田村アナ「困難の中から抜け出した人の体験を見ていくことで、つらい出来事をどうすれば乗り越えられるのか、そのヒントをお伝えします」

医師でさえ被災体験は語れなかったが・・・

   あす17日(2019年1月)で阪神・淡路大震災から24年がたつ。医師の水谷和郎さんは被災した経験を広く伝えるため、学校や病院を回って講演を続けている。

   水谷さんは震度6を観測した淡路島の病院で救急患者の対応に当たった。病院で撮影された映像には、現場で指揮をとる医師が、心肺蘇生法をいつまでも続ける医師らに対し、「助けられる人を助けないかん。助からない人はあきらめないと。よし、やめなさい。ストップ」と声をかける様子が残されている。

   普段の救急医療なら全力で処置に当たれるが、大勢の患者が同時に発生する災害時には、あきらめなければいけないことも多い。巨大災害で、多くの医療者がこの無念に直面した。

   水谷さんはこうした体験を誰にも話せなかった。後悔の念が大きく、思い出すのが辛かったのだという。体験を伝えていこうと決めたきっかけは、2005年1月17日のある出来事だった。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中