2020年 9月 28日 (月)

『稀勢の里』圧倒的な女性人気!スー女の紺野美沙子「引退会見の涙でますます応援」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   司会の国分太一が「稀勢の里は女性が選ぶ好きな力士ランキングで1位でした。引退を惜しむ声がつづいいています」といきなり切り出す。司会の真矢ミキは「多くの女性ファンに愛された理由はなんなんでしょうか」

   元祖「スー女」といわれる俳優の紺野美沙子は「引退会見を見て、もう泣けちゃいましたね。稀勢の里の涙を見ると、ますます応援したくなっちゃいます」という。その魅力として、まじめ、愚直、一生懸命なところをあげた。「いつもハラハラしました。粘り強さが魅力です」

ハラハラしながら見守る楽しさ

tv_20190117112217.jpg

   15歳で角界入りした稀勢の里は、外国人力士や学生出身者が多い中で「たたき上げ」力士としてスピード出世したが、大関になってからは横綱昇進まで5年もかかった。

   元力士の維新力は「出世が早かった分、苦労もしましたね。チャンスを逃すたびにハラハラさせられました」といい、相撲大好きタレントの山根千佳は「相撲の神様がいつも試練を与えているような気がした」と話す。

   堀尾正明キャスター「(中学卒業文集の)努力で天才に勝つ、という言葉には感動します。牛若丸のように、日本人の判官びいきをゆさぶった」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウオッチ
アクセスランキング
  1. 文春の「三浦春馬と佐藤健との葛藤12年」によると、大ヒット映画『るろうに剣心』のエンドロールに健の名前が流れた瞬間、客席の春馬が突然立ち上がった。口惜しさをいっぱいに滲ませた表情は、暗い室内でも隠し切れなかった
  2. 竹内結子さん急死に「産後うつ」経験女性たちから「ひとりで悩まないで」コール!「自分のことのようにショック」「周囲がサインに気づいてあげて」「私はこう乗り越えた!」
  3. <日曜劇場 半沢直樹/最終話>(TBS系9月27日日曜放送)
    頭取に裏切られながらも立ち直った半沢は、紀本常務の潜伏先で不正を暴く決定的証拠をつかむ。帝国航空再建の記者会見に殴り込み、箕部に「心の底から詫びてください」と迫るが...
  4. 「キングオブコント」ジャルジャルが悲願の王者に!「おめでとう!」コールの一方、「ものすごく低調な大会」「審査員変えるべき」「三村と松本ひどすぎ、飯塚を入れて」と怒りの声
  5. スポーツマンは清く正しく美しく、爽やかであってほしい。不倫をやらかした競泳・瀬戸大地の妻優佳は、自身も飛び込み選手だったが「大地の金メダルへの挑戦をサポートするのが私にとっての五輪出場」と考えて引退したのに...
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中