2019年 2月 22日 (金)

稀勢の里の父・貞彦さん「部屋を興すには女将さんが必要。紹介してほしい」

印刷

   引退した横綱・稀勢の里はきのう17日(2019年1月)、両国の国技館を訪れ挨拶回りをした。「スポーツニッポン」によると、館内を遠回りし、ファンが集まる中を50分間歩き、写真をせがまれると笑顔で応じたという。稀勢の里の父親・萩原貞彦さんは、その裏に長い葛藤の日々があったことを明かした。

   「去年暮の31日(2018年12月)、チラッと来て、食事をして帰って行きました。相撲の話はほとんどしていません。迷いを生じさせてはいけないから、あえてその話はせずに言葉を飲み込んだ。明るく帰って行きました」

「ボロボロになってもやってもらいと思ってました」

tv_20190118114721.jpg

   迎えた初場所、稀勢の里は初日から3連敗したが、貞彦さんは2日目に逸ノ城戦で負けたとき胸騒ぎがしたという。「ちょっとこれは無理かなと。3日目も黒星だったが、とにかく1勝してほしいと。何とかしがみついて、ボロボロになってもやってもらいたいと思っていました。まだまだいろんな人に夢を与えてほしかったですよ」

   引退会見前には電話がかかってきたという。「サバサバした声でした。2日目が終わった後に、出続けろと言えばよかったと、後悔しました」 会見を中継で見て、やはり泣いたという。「あれだけ支えられ、愛されたのは、一生に値するのではないかと思ったですね。十分ですよ」

春場所から荒磯親方として場内警備

   稀勢の里は荒磯親方として部屋を興すことになるが、貞彦さんは「部屋を興すには女将さんが必要。普通の女性では付き合いにくいでしょう。気に入った人がいたら紹介してほしいと思ってます」と、息子の「嫁取り」に期待を寄せている。

   司会の小倉智昭「苦しんでいる息子を見て、早く卒業してほしいと思うのではなく、もっと相撲を取り続けてほしいと思っていたんですね」

   春場所からは、荒磯親方として日本相撲協会の指導普及部の所属となり、審判部に配属されるとみられる。親方1年目は場内警備を担当するのが通例だ。「警備の仕事だと、ジャンパー姿になるね。あれ、違和感あるんだよね」と言う小倉に、ミュージシャンのグローバーは「でも、そのジャンパー姿が見たくて満員御礼になるかもしれませんね」と笑った。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中