2020年 11月 30日 (月)

防潮扉の「ネズミ落書き」バンクシーだったら7000万円!本人のインスタ写真と合致

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

作品集の「東京 2003年」は逆向きのネズミ

   本人が編集した作品集「Wall and Piece」にも同様の絵が収められている。その絵には「東京2003」と書かれているが、ネズミの向きが逆だ。写真を裏焼きした反転写真ではないかということで、写真集の絵を反転させて重ね合わせてみると、やはりピッタリとネジの位置まで合致した。

   司会の小倉智昭「2003年ならデジタルではなく、フィルムだから裏焼きはできるよね」 ネズミだけでなく、周囲の地面の盛り上がり具合やアスファルトに入っているヒビの形も、まったく一致した。

   伊藤利尋キャスター「十数年前に書かれた絵がようやく発見されたっということ?」

   小倉「そうかもしれない。ところで、これが本物だったら、どのくらいの価値なの」

   笠井信輔アナはボードを示しながら、「シュレッダーにかかったのは1億5000万しました。オークションで。同じような(サイズの)ネズミの場合、だいたい専門家によると7000万くらいするそうです」と伝えた。

   【訂正】当初の記事本文末尾に「鈴木沓子さんによると約7000万円の価値があるという」とありましたが、番組では鈴木さん本人の発言はなく、笠井信輔アナウンサーが専門家の話として7000万円と紹介しましたので訂正します。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中