2019年 2月 16日 (土)

「以前ならあきらめていたのに」大坂なおみが変わった 粘りの逆転勝ちで16強入り

印刷

   テニスの全豪オープンで大坂なおみ選手(世界4位)がおととい19日(2019年1月)、最高のスタートから一転してミス連発という激しい試合を逆転勝ちしてベスト16入りを決めた。

第1セットだけでミスショットは20本

tv_20190121111630.jpg

   3回戦の相手は、台湾のシェ・シュウェイ選手(世界27位)。第1セットだけでミスショットは20本も出て、イライラが最高潮に達した大坂がラケットをコートにたたきつける場面もあった。大会前「自分の精神力は3歳児ぐらい」と語ったとおりの試合経過になったが、大坂はそこから課題だったメンタル面の成長を見せた。

   第1セットを5-7で落としたが、その後、6-4、6-1の逆転で破った。

   試合後は「私は変わった」とコメントした。

   元テニスプレーヤーの沢松奈生子さんは「相手は試合巧者で大坂が嫌がることを全部やってきた。これからは大坂と同じパワーヒッターばかりだから、勢いでいける」という。

   カンニング竹山(タレント)「大坂は成長途上で、まだまだ強くなるだろう」

   男子の錦織圭選手も3回戦を突破し、ベスト16に進んだ。

   司会の国分太一「男女ともにベスト16が普通になりました」

   キャスターの真矢ミキ「気持ちがいいですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中