2019年 2月 21日 (木)

羽賀研二容疑者と元妻を逮捕 服役中に偽装離婚「3億9000万円の支払い命令」逃れか

印刷

   いったい何が起こったのか。来月上旬(2019年2月)にも出所すると見られていた羽賀研二容疑者(本名・当真美喜男=57)が、元妻の麻由容疑者(41)とともに強制執行妨害の疑いで逮捕された。警察は裁判所の差し押さえを逃れようと偽装離婚したと見ている。

   羽賀容疑者は2007年に未公開株を知人に売りつけ、3億7000万円の被害を与えたとして、詐欺および恐喝未遂で懲役6年の判決を受けて服役中だが、裁判所から被害者への3億9000万円の支払い命令を受けていて、これを免れようとしたらしい。

専門家は「実際に偽装を立証するのは容易ではない」

tv_20190121144311.jpg

   元妻の麻由名義となっている不動産には、複数のテナントが入居するビルやオーシャンビューを売りにした民泊施設がある。もっとも、テナントビルは2億円以上の借金があり、家賃だけでは返済は間に合わず、不動産会社代表は「前々から離婚の話は出ていた。奥さんは自分の取り分を取ったってこと」と偽装離婚を否定している。

   司会の小倉智昭「昔から、借金を背負った時に財産分与というのは常套手段ですよね」

   若狭勝弁護士によると、偽装離婚と判断されると財産分与が発生しないが、実際に偽装を立証するのは容易ではないという。元妻が否認すると起訴できない可能性もあり、その場合、羽賀は来月上旬に出所することになる。

   橋口いくよ(作家)「申し訳ないですが、羽賀研二さんらしいというか、びっくりしなかったですね。やりそうなことだと思いました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中