2019年 7月 16日 (火)

大坂なおみ「テニス全豪オープン」決勝進出!日本人選手で初めて・・・26日にクビトバと決戦        

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   きょう24日(2019年1月)に行なわれたテニス全豪オープン準決勝で、大坂なおみ選手はチェコのカロリナ・プリスコバと対戦して、6-2、4-6、6-4で勝ち、全豪シングルスで日本選手として初めて決勝に進出した。26日の決勝では、世界ランキング6位のチェコのペトラ・クビトバと対戦する。

体重10キロ減で体にキレ

tv_20190124161559.jpg

   きのうはエリナ・スビトリナ(ウクライナ)をセットカウント2-0、わずか72分間で破っている。

   司会の国分太一「あっという間でしたよね。日本人がテニスで世界を驚かせる時代がきました」

   大坂の成長について、元プロテニス協会理事長の佐藤直子さんは「レシーブの位置」をあげる。ファーストサーブには、他の選手より2歩前のほぼライン上、セカンドサーブには完全にコート内に入って受けることで、相手はボールがすぐに返される感じがしてしまうという。

   持ち前の高速サーブに加えて、トスの角度を変えるなどして、スライスやカーブをかける多彩な技を身につけた。ラケットのストリング(ガット)をより強い糸に替えて威力を増し、体重を10キロ減らしたことも体のキレをよくした。

気持ちにも余裕・・・「私の精神力は成長して4歳児かな」

   さらに、佐藤さんは「精神面でもすごく成長しました」という。大会前に大坂は「私の精神力は3歳児ぐらい」と自ら語ったが、ベスト4進出決定後は「1年成長して4歳児かな」とユーモアを交えて答えた。ミスにも自分をコントロールしていた。

   司会の真矢ミキ「冷静にプレーしようという気持ちがすばらしいですね」

   石井大裕アナ「普通ならプレッシャーを感じる試合にも、心の成長がありました」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中