2019年 7月 17日 (水)

日本「サッカー・アジア杯」準決勝進出!相手イランGKに守るだけじゃない仰天特技

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「日本はベトナムに勝って準決勝進出。次はイランです」と司会の羽鳥慎一がはしゃいでいる。サッカーのアジアカップできのう24日(2019年1月)、日本代表はベトナム代表と対戦し、1-0で制した。ただ、ビデオ判定でPKをもぎ取るなど苦戦だった。

70メートルの超ロングスロー

tv_20190125115401.jpg

   準決勝で対戦するイラン代表はFIFAランキング29位で、アジア1位、アジアカップ優勝3回の強豪だ。鉄壁の守備を誇り、今大会は無失点という。チームのキーマンは、キーパーのアリレザ・ベイランバンド26歳。「仰天特技」を持っているそうだ。

   宇賀なつみキャスター「この選手、守備だけでなく、超ロングスローで味方の得点チャンスも演出するということです。飛距離およそ70メートルで、日本にとって脅威になりそうです」

   吉永みち子(作家)「(イランは)ちょっとコワいね。ベトナムはそんなにコワいと思ってなかったけど、けっこう大変だった」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「流れ的には、根拠なく言いますけど、いけるんじゃないかなあ」

   イラン戦は28日月曜日にキックオフ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中