2019年 2月 24日 (日)

客室乗務員に「パンツ脱がせろ」「尻拭いてくれ」男性乗客がトイレ介助でトンデモ要求―台湾の航空会社

印刷

   台湾の航空会社「エバー航空」の女性客室乗務員らが、21日(2019年1月)に台北市内で会見を行い、車イスに乗った男性乗客がトイレ介助を求め、「パンツを脱がせろ」「尻を拭け」と要求されて、「2度とこの男性を見たくない。心の傷が深まる」と涙ながらに訴えた。

以前には座席で排泄した札付き

   セクハラ行為があったのは、アメリカ・ロサンゼルス発台北行の便で、離陸後2時間半ほどしたとき、トイレ補助を依頼するベルが鳴った。体重が約200キロくらいはありそうな白人男性で、エコノミークラスのトイレは無理と判断して、客室乗務員3人がビジネスクラスのトイレに案内した。

   男性がトイレに入った1分後、ベルが鳴って「パンツを脱がせてくれ」と言う。客室乗務員はトイレ、食事の介助、医療サービスなど特殊な支援は提供しない規定があるため、介助を拒否すると「出ちゃうよ」と騒ぎ出した。

   ほかの乗務員に迷惑をかけたくないと考えた女性客室乗務員がパンツを脱がせると、要求はさらにエスカレート。「終わったよ。お尻を拭いてくれ」

   客室乗務員が「それはできません」と拒否すると、「やってくれ」と怒鳴る。放置しておくわけにもいかず、チーフパーサーが尻を拭いた。すると、男は「もっときれいに拭け」「パンツを履かせてくれ」と要求したという。

   実はこの男、昨年5月(2018年)にもエバー航空機に搭乗し、機内の座席で排泄して問題になった。会見した客室乗務員らは「なぜこの男が搭乗することを客室乗務員に教えなかったのか」と対策を講じるよう会社に訴えた。

客室乗務員は保安要員で、サービス・介護要員ではありません

   外資系航空会社の客室乗務員・新保友里絵さんは「客室乗務員は本来、保安要員なんです。サービス要員ではなく、トイレ介助は職務の範囲を超えています。この男性の行為は安全阻害行為に該当する可能性もあります」と解説した。

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「怒鳴ったりせず、申し訳ないけど・・・とお願いすればよかったんじゃないですか。上から目線で威張っていうから、こういう騒動に発展した」

   この男性、普段はどうやってトイレを済ませているのか。

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中