2019年 2月 23日 (土)

「車中泊ユーチューバー」豪雪地帯で1夜を過ごす――クルマの中で鍋料理

印刷

   らんたいむ(runtime)さんは岡山県を拠点に活動し、日々の出来事を動画で配信している。現在のメインは自動車の中で泊まる「車中泊」で、いわば「車中泊ユーチューバー」だ。

   愛車のフリードスパイクに車中泊用の設備を整え、1人であちこち出かけていく。車中泊は利便性や節約のためと思われがちだが、車中泊そのものをエンジョイしているのだという。動画には本人の顔映像や音声は少なく、おもにBGMとキャプションで進行する地味なスタイルながら、チャンネルの合計視聴数は5000万回以上を数える。

視聴者は「楽しそう」「いや、意味わからん」「危なくないの」

   らんたいむさんは去年末(2018年)、寒波が来ると聞き、雪の中での車中泊を楽しもうと岡山の豪雪地帯の西粟倉村に出かけた。その様子を1月16日(2019年)に動画で公開すると、約85万回視聴(24日時点)された。

   雪が降る中、車内で鍋料理をつくり、あしたの朝にはどのくらい雪が積もってるかなとワクワクしながら眠りにつく。翌朝の気温は車内で3度、屋外は0度だが、電熱服などの装備のおかげで、快適に眠れたという。

   積雪は予想以上の「嬉しくなる量」の約10センチ。車も雪をかぶっているので、「楽しい雪かき」を堪能し、道の駅で朝食をとって、大満足で帰途についたという。

   視聴者からは、「雪国の人は雪かきうんざりだと思いますが、あまり降らない地域なので、らんたいむさんの気持ちが良く分かりました。楽しいですよね車の雪降ろし」「すまん。車の中にずっといる意味がわかんない・・・せっかく遠出してるのに」「雪の中、車中泊って危なくないんですか」などのコメントが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中