2021年 1月 19日 (火)

羽鳥慎一が明かした18年前に語った大野智の夢は「パン屋になりたい」だった

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

大野の気持ちを受け入れるのが嵐メンバーらしい

   さて、嵐と親しいという司会の羽鳥慎一は、番組で活動休止のニュースを聞いた瞬間を振り返った。「最初は『誰か結婚するのか』など下世話なことを勘ぐってしまったが、言い出しっぺが大野君と聞き、納得した」と話し、エピソードを明かした。

   2001年に「真夜中の嵐」という嵐初の単独レギュラー番組で一緒に仕事をした羽鳥は、「将来の夢」をメンバーに聞いた。「紅白に出たい」「この番組をゴールデン番組にしたい」とメンバーが語る中、大野さんだけ「パン屋になりたい」と話したというのだ。

   羽鳥は「100%ウケ狙いでもなく、やる気がないわけでもないんですよ」と大野さんのちょっと不思議でユニークなキャラを説明。「さらに、それ(大野さんの気持ち)を受け入れるのがメンバーらしい」と感心していた。

   石原良純(気象予報士、タレント)「本当に仲が良いのが伝わってきて、嵐らしい良い記者会見でした。『無責任ですね』っていう質問だけにイラッときました。なんですかね、あの質問」

   羽鳥「みんなイラッとしたでしょうね。何か会見で爪痕を残したかったんじゃないですか?嵐と仕事をしたことのある人ならあの場で『無責任』という言葉は出てこないです」

   宇賀なつみ(テレビ朝日アナウンサー)「トップアイドルとしてのプロ意識を感じました。誠実さとか責任感とか周りの方への感謝とか。発表を聞いて悲しんだ方たくさんいると思いますが、会見を見て安心できたのではないかと思います」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中