2019年 2月 20日 (水)

「ファンになっちゃうわ」矢野顕子、嵐を称賛するあまりSMAPを皮肉って謝罪に追い込まれる

印刷

   シンガー・ソングライターの矢野顕子(63)が、活動休止を発表した嵐に関するブログの発言で、解散したSMAPを引き合いにして嵐を称賛したことから、SMAPファンの批判を受け、ブログで謝罪に追い込まれた。

「SMAPを間近に見て、あれを踏襲せずに...」と余計なひと言

   矢野は28日(2019年1月)、ツイッターで、「嵐は偉い。2年間もちゃんと仕事をする約束をした。スマップの最期を間近で見ていたであろう、あれを踏襲せずに、自分たちに見える部分も見えない部分にも、できるだけ配慮をして。ファンになっちゃいそうだわ」とつづったのだった。

   ところが、これがネットニュースに報道されるや、SMAP解散を引き合いに出した矢野のツイッターに批判の書き込みが殺到、「どうして引き合いに出すのでしょうか?どちらのファンもそれぞれの思いがあります」「SMAPファンならずとも彼らの終わり方は本人たちにとって不本意なものだったかも?とは想像できませんか?」などと怒りが噴出した。

   矢野は当該ツイートを削除し、こう謝罪したのだった。

「嵐に関するツイートで意図せぬ伝わり方をしてしまったため、とても驚いてしまいました。どなたのことも傷つける意図は全くありませんでしたので申し訳なかったです。スマップってずうっとファンの人達の心の中に一ミリも欠ける事なく存在しているんだ、ということがよくわかりました。そういうスマップのファンの人たちの気持ちを逆なでするようなツイートをしちゃってごめんなさい。日本語の文章の書き方にも、もっと配慮が必要でしたね。人生、まだまだ学ぶ事がある、と反省するいい機会になりました」

   (テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中