2020年 7月 15日 (水)

カワウソ人気で密輸も横行!運び屋は女子大生――スーツケースに10匹詰め込み

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   カワウソ人気で水族館には長蛇の列、カワウソカフェも登場した。ブームに乗って、コツメカワウソは1匹90万円~150万円で取り引きされている。インドネシアやタイなど東南アジアが原産で、許可なしの取り引きは多くの国で禁止だが、密輸しようとした日本人の逮捕がこの2年間で7件起きている。20代女子大生、40代DJ、50代会社経営者らだ。なぜ素人が密輸に手を染めるのか。

   2017年10月、10匹の赤ちゃんカワウソを密輸しようとした女子大生がタイの警察に連行された。空港野生動物検査所のパカポーン前主任は「スーツケースの中の竹籠に小さなカワウソを10匹入れて密輸しようとした」と話す。女子大生は「かわいいからペットにするために市場で買った」と説明したという。

タイでは1匹3万円が日本では60万円

   バンコクのペット市場で取材すると、店員たちは「カワウソはいない」「違法なものはない」と言うが、カメラを隠して接触すると密売人らしき女性を紹介された。「何匹欲しいの。1匹3万円だよ。3万円で買っても、日本で転売すると60万円になるらしい。密輸する価値があるわ」と言い、買い付け屋の名前を明かしながら、「運び屋には10匹で10万円払うと言っていた」と話す。

   動物取扱業者の白輪剛史氏は、「密輸の背後には黒幕がいるはずだが、彼ら組織的犯罪グループと素人の接点がわからない」と語る。

   鎌倉千秋キャスター「赤ちゃんカワウソにミルクをおなかいっぱい飲ませて眠らせ、靴下に入れて衣装と一緒にスーツケースに入れ、預け入れ荷物として運ぶようです。密輸の過程で死んでしまうカワウソもいます」

   ゲストのノンフィクション作家・石井光太氏は「カワウソの密輸は残酷です。川にあるカワウソの巣には親と5~7匹の子どもがいるのですが、まず親を殺してしまう。噛まれたりひっかかれたりするのが面倒だからです。目の開いていないような赤ちゃんカワウソを全部持ってきてしまう。業者によると、スーツケースで運ぶような方法では半分生きていればいいほうだということです」と密輸の実態を明かす。

   タイ政府の許可を得て輸入する制度はあるが、実際には許可される例は少なく、2000年以降にタイから日本に正規に輸入されたカワウソは0匹である。インドネシアも一般の人には許可を出さないうえ、タイよりも相場が何倍も高い。 ただ、日本ではカワウソの飼育は認められており、販売する際にもどこから持ち込まれたかを証明する義務がない。これについてWWF(世界自然保護基金)ジャパンの東梅貞義自然保護室長は、日本は"恐ろしく無規制な状態"で、カワウソ・ロンダリングの国と非難されているという。

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中