2019年 7月 16日 (火)

山口の給食定番メニュー「チキンチキンごぼう」野々すみ花が作ってみましたあ!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「JAPA-NAVI」コーナーで山口県を訪れた女優の野々すみ花が「何だか面白い名前のごぼう料理に出会ってきました」と紹介した。「チキンチキンごぼう」と呼ばれていて、カリッと揚げたごぼうと鶏の唐揚げを甘辛いタレで絡めたものだ。

   学校給食の定番メニューで、ごぼうが苦手な子供もおかわりするほどの人気なのだが、それもそのはずで、給食献立の公募で地元の主婦から寄せられたメニューだった。いまや学校を飛び出し、スーパーの惣菜売り場や居酒屋でも提供され、酒のつまみの定番になっている。

   さらに、ホットドッグの具材やポテトチップスのフレーバーになるなど引っ張りだこで、山口県民のソウルフードと呼ぶべき存在なのだ。

   街の惣菜店で試食した野々「ごぼうなのにジューシーなうまみがジュワーッと出てきます」とたちまち気に入っていた。

冷めてもおいしいお弁当のおかず

   では、そんな「チキンチキンごぼう」を作ってみよう。小学校の栄養教諭・篠原智子さんに教えてもらいながら、野々が挑戦した。(4人分)

   皮をむいたごぼう(120グラム)を厚さ2~3ミリの斜め切りにする。「薄く切るより、厚めの方がいいですね」(篠原さん)。厚めのものを180度の油で3~4分揚げると、サクサクの食感になるのだ。

   野々「この香りと音に食欲がそそられます」

   一口大に切った鶏もも肉(160グラム)には下味を付けず、片栗粉(大さじ3)をまぶして180度の油で4~5分揚げる。

   砂糖としょう油(各大さじ1)、酒とみりん(各大さじ2分の1)をひと煮立ちさせてタレを作り、揚げたごぼうと唐揚げに絡めたらできあがり。

   篠原さん「すべて大さじで、分かりやすいんです。(砂糖が多めなのは)しょうゆの辛さを感じさせないためです」

   NHK山口の平崎貴昭アナ「冷めても美味しいので、弁当のおかずにもピッタリです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中