2019年 7月 17日 (水)

「バカな男に教えるイマドキ女子の生態」というが、「イマドキ女子」がお粗末すぎて「バカな男」が立派に見える? 〈ナカイの窓〉(日本テレビ系)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   この日のテーマは「バカな男に教えるイマドキ女子の生態」。中居正広以下、バカリズム、山崎弘也、袴田吉彦といった女心を理解できないおバカな男性陣たちがイマドキ女子の生態を勉強する企画。
   イマドキ女子として出てきたのは、あさにゃん、ゆりか、えみう、チャベス愛......など初めて見る女子ばかりで、ギャルモデルだ、女子大生だと言っていたが、どこから連れてきたのかという極端な連中ばかり。これがイマドキ女子の実態なのかもしれないが、それはごく少数派であって欲しいと願わんばかりの呆れる内容だった。
   たとえば、「イマドキ女子は...マッチングアプリで異性と出会っている」や「自分から浮気や不倫をしている」「ギャラ飲み・パパ活で生計を立てている」「エステ感覚で整形している」などなど。
   「マッチングアプリ」というのは、登録している男性の顔写真やプロフィールをチェックし、お目当ての人に通知を送り、その相手から好意を示されればマッチングが成立。あとは直接メッセージをやりとりして恋人をゲットする仕組み。「出会い系アプリ」との違いは年齢確認や身分証明が必要だというが......。
   「ギャラ飲み」は飲み会に参加し、タクシー代という名目で謝礼を受け取ること。「パパ活」は男性とデートや食事をしてお小遣いを貰うことだとか。そんなイマドキ女子の話を聞き、「君たち来てもお金払わないよ」と拒否した中居は立派なのかドケチなのか!? (放送2019年1月30日23時59分~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中