2019年 10月 21日 (月)

「DVは洗脳なんです。自分が悪いと思ってしまう」被害女性が語った「母娘の地獄」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   千葉県野田市の小学4年生の栗原心愛さん(10)をなぜ救えなかったのか。リポーターの阿部祐二が過去にDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けていたという女性に実態を聞いた。

   「それまでニコニコしていたのが、何かの拍子でころっと変わって、外でも殴られたり、家でも蹴られ、殴られたりと」

   夫から20年にわたりDVを受けてきた40代の女性は、今は別居して子どもと暮らしている。DVを受けていた頃は、「自分の足りないところ、できないところを指摘して怒るので、洗脳に近い形だったと思います。私にはこの人しかいないんだと思っていました」と話す。

   娘が生まれ幼稚園に入ると、夫の暴力は妻から娘へ向かうようになった。「私が殴られたり蹴られたりすると、私と主人の間に入って、お母さんをいじめないでというと、それが腹立たしくて娘にも手を出すようになってきました」

   児童相談所などに相談しなかったのか。「親にも兄弟にも誰にも言えませんでした」という。

「娘が暴行受ければ自分は助かる」

tv_20190206120612.jpg

   心愛さんの事件で逮捕された母親(31)は、「娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されずにすむと思った」と供述しているが、それについて「わかるな、というのがありますね。私が止めることによって、よりひどくなるんです。しつけで怒っているのに、なんで止めるんだというのです」

   結局、女性は暴力の対象が娘になったことが耐えられず、DV被害にあった母子などを保護する民間シェルターに逃げた。

   女性の同意で、インタビューに夫が同席した。去年(2018年)夏からこの支援センターでカウンセリングを受けている。心愛さんの事件について、夫は「やっていることは自分と同じだと思います」と話す。虐待をしていると意識していたのか。「ここに通うまでなかったです。しつけだと思っていました」と語る。

   司会の加藤浩次「本人は、DVをやっているという意識はないんですね。こういう事案が本当に多いですね」

   宮崎哲弥(評論家)「家族は狭い、閉ざされている場所です。やはり、第三者の介入が絶対必要だと思います。そして、暴力をしている人と離れることです」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中