2019年 7月 17日 (水)

「民主党政権は悪夢」安倍首相 焦りの裏返し?12年前の参院選惨敗・総辞職の「悪夢」が蘇った

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

「取り消しなさい!」

「取り消しなさいと言われても取り消しません!」

   きのう12日(2019年2月)の衆院予算委員会で、安倍首相と立憲民主(会派)の岡田克也元副総理が激しく論争した。といっても、政策に関してではない。

   10日(2019年2月)の自民党大会で、首相が「12年前の亥年の選挙、わが党の敗北によって政治は安定を失い、そして悪夢のような民主党政権が誕生しました。あの時代にみなさんを戻すわけにはいかないのです」と声を張り上げた。

岡田克也元副総理に感情的反論

tv_20190213144226.jpg

   「悪夢」という表現に怒り心頭だったのが元民主党の岡田氏だ。「頭から相手を否定して議論が成り立つのか」と発言の撤回を求めた。これに首相は「少なくともバラ色の民主党政権でなかったことは事実。悪夢を否定しろとおっしゃるんですが、ではなぜ、民主党という名前を変えたんですか」と屁理屈で逃げた。

   岡田氏は手を振りながら、「今の発言はまったく了解できませんよ。取り消しなさい」と強い口調で訴え、「批判するなといっているんじゃなくて、全否定したようなレッテル貼りはやめろと言っているんです」

   これに首相は「『アベ政治は許さない』と全否定しておるプラカードをみんなで持ったのはどこの党のみなさんですか」と、感情的になって早口でまくしたてる。

自分が政権交代のキッカケ

キャスターの水ト麻美「宮崎さん、これはどうご覧になりましたか」

宮崎哲弥(評論家)「こういうやりとりを国会でなされるとは、どうかと思いますが、自民党はこれだけ長期政権なので、横綱相撲をやってほしいですね」

司会の加藤浩次「自民党大会で『悪夢』と言ったからといって、それをつついて、国会でずっとやっていても、どうなのか」

   民主党政権を悪夢というのなら、なぜ政権交代は起こったのか。第1次安倍内閣、現財務相の麻生内閣が有権者の激しい批判にさらされたからである。他党のことを言ってられるのだろうか。原因は自分たちにある。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中