2020年 11月 28日 (土)

今年は酷くなりそうな「花粉皮膚炎」乾燥カラカラ肌を直撃!目の周り、頬、額が赤く腫れかゆみや灼熱感

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   博多大吉キャスター「そろそろ花粉のシーズンがやって来ますが、今年(2019年)はとくにお肌に要注意だそうです」

   肌に花粉が付着すると、目の周りや頬、額などが赤くなり、かゆみや灼熱感をともなって、肌が腫れる。これを「花粉皮膚炎」というのだそうだ。

   今年の冬は乾燥が続いているため、皮膚の表面を覆うバリア機能が破壊され、肌の内部に花粉が入り込みやすくなっているらしい。

   皮膚科医の野村有子さんはこう解説した。「性ホルモンが働いていると皮脂が出やすくなりますが、ホルモンが減ると、脂の分泌量も減り、水分が蒸発しやすくなって乾燥につながります。ホルモンが減ってきた40代以降は、とくに(症状が)出やすくなると思います」

予防法「クレンジング、洗顔、美容液を3分以内」

   花粉皮膚炎を防ぐには、日頃のスキンケアが重要だ。皮膚科医の吉木伸子さんが正しいスキンケアを教えた。クレンジングは弾力のあるジェルタイプやクリームタイプのものがおすすめという。

   500円玉サイズを手に取り、肌をこすらず円を描くように優しくなじませる。顔全体に行きわたったら、ぬるま湯で素早く洗い流す。

   吉木さん「クレンジングが肌に触れている時間が長いと、肌の潤いをどんどん溶かし出してしまうので、なるべく1分以内でした方がいいです」

   洗顔も同様に泡を優しく顔全体になじませ、こすらずに洗い流す。

   最後に美容液で保湿し、肌のバリア機能をアップさせる。乾燥しやすい40代以上の女性には油分が多い美容液がおすすめだ。

   田村直之アナ「吉木さんいわく、スキンケアには時間をかけないのが一番重要です。手が触れること自体が肌にとってダメージになるということなので、必要最低限のクレンジング、洗顔、美容液での保湿、この3つの工程を3分以内でやるのが重要とのことでした」

   ゲストの早霧せいな(女優)「ゆっくり丁寧にやる方がいいと勘違いしていたので、これからは3分以内におさめたいです。でもハードル高いですね」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中