2020年 11月 28日 (土)

愛媛県知事に「1億円の札束」届いた!だれが寄付?どんなおカネ?犯罪がらみ?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   愛媛県知事あてに先月末(2019年1月)、汚れて固まった1万円札の束が詰まった段ボール箱が届いた。ベタベタに融けてしまったようなものもあり、破損している旧札だった。中村時広知事は「量から推測すれば1億円程度」という。

   中身を確認した県の担当者は、「段ボール箱にそのまま詰めてあり、手紙が添えられていた」という。「(記入した)住所、氏名は架空です。何かの役に立ててほしい。そっとしておいてほしい」と書かれていた。送り状に書かれてあった電話番号は使われておらず、送り主の手がかりはない。

   愛媛県は警察などと相談し、盗難など事件との関連は薄いとみて、寄付金として受け取り、「対象の方は特定できませんが、この場を借りて、心からお礼を申し上げたい」と知事は話した。ただ、1万円札の劣化は激しく、日本銀行に本物かどうかの確認を依頼し、新しいお札に交換できれば、西日本豪雨の復旧事業に役立てたいとしている。

さだまさし「訳ありな気もしますね

tv_20190215124024.jpg

   司会の加藤浩次「埋められていたお札っていう感じはしますね」

   さだまさし(歌手)「訳ありな気もしますね。寄付しようというお志はすごいと思いますけど、こんなに破損するまで置いておくっていうのは、どうなんですかね」

   弁護士の菊池幸夫は「警察には、盗難にかかわったかどうか判別できる札番号があるものもあります。それに該当しないということになって、受け入れることになったのでしょう。仮に不正なお金だったとしても、県庁として落ち度がないということになれば、法律上は返す必要はありません」と解説した。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中