2020年 11月 25日 (水)

大河「いだてん」視聴率急降下止まらず ネットでは「頑張れ!」「面白いぞ!」「テコ入れ無用」の応援エール続々

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   17日(2018年2月)に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」第7話の平均視聴率が9.5%(関東地区)と、前週の9.9%の自己最低を更新したことが18日わかった。

   視聴率の急降下が止まらない事態に、NHKでは木田幸紀放送局長が13日の記者会見で「わかりにくいというご意見も聞いていますので、(ストックホルムオリンピックのヤマ場の)タイミングを利用して補強していきたい」とテコ入れ策に言及した。

年寄りにわかりやすくしたら「水戸黄門的ドラマ」になるよ

   しかし、ここにきてネット上では逆に「面白いぞ」「テコ入れなんか必要ない」という応援エールが湧き上がっている。こんな声だ――。

   「それぞれの人間模様が出てきて、ドラマが深くなってきましたね。 登場人物の皆さんのちょっとした視線に、優しさや悲しさが表現されていてじわじわ熱いものが... 。次週、いよいよ出発ですね!走れ!いだてん!」

   「視聴者のボリュームゾーンであるお年寄りにもわかりやすい作品となると、水戸黄門的作品ばかりになってしまう。それでいいの? 重層的に物語が進行する『いだてん』は、情報処理能力が劣るお年寄りには辛いかもしれないが、それが面白くないって事ではない。普通に面白い。変なてこ入れなど要らない。制作スタッフは自信を持ってほしいね」

   「視聴率は良くないみたいですね。私はあまちゃんほど前のめりには見ていませんが、毎回ワクワク楽しみに視聴しています。展開のテンポの良さ、よく練られたストーリー。45分あっという間です。キャストもすべて良いですが、勘九郎さんと獅童さんにはグッときますね~。勘九郎さん、あんなに上手いと思いませんでした」

   「たけしの志ん生。たけしファンの私でも確かに落語家の滑舌ではないよな~とは思います。でも、たけしのまとう雰囲気、オーラって唯一無二ですからそのあたりが志ん生さんに近いんだろうと思います。どんなに歌のうまい人が『浅草キッド』を歌っても、たけしが歌う『浅草キッド』が一番胸に迫るのと一緒ですね、きっと」

   「今回は実次お兄ちゃんの家長としての思いの詰まった手紙に涙、弥彦君がお母さんの写真を現像する母を慕う姿に涙、大切な勝海舟さんからいただいたお洋服を質入れするジゴロー先生のシソウ君への思いに涙でした。いろんな愛を見せてもらった気がします。そして、あとは大半笑っていた。特に可児先生!泣いたり笑ったり忙しいお話ですが、いつもわくわくさせられます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中