2019年 3月 24日 (日)

大坂なおみ「世界ランク1位」の初試合―あれえ、ストレート負け!? ミス連発で顔おおう

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   テニスの大坂なおみはきのう19日(2019年2月)、世界ランキング1位になってから初めての世界大会・ドバイ選手権の初戦に出場して、世界ランク67位のムラデノヴィック選手(フランス)にストレート負けした。ミスの連発に、頭を抱えてすわり込む場面もあった。ベンチではサンバイザーで顔を覆った

   キャスターの宇賀なつみアナ「うまくいったときも、大坂選手は一度もガッツポーズをしませんでした」

   司会の羽鳥慎一「驚きましたね。もう少し接戦はするかと思いましたが」

もっと大きな試合に向けて調整中

tv_20190220132227.jpg

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「メンタルなスポーツなので、コーチが代り、周囲が騒がしくなり、テニス以外のことにも対処しなければいけなかったのでしょうか」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「コーチ解任のためとは限らないですよ。(ドバイより)もっと大きな大会に照準を合わせているのかもしれない。体調もあったかもしれず、僕は心配しない」

   次の試合予定は3月4日からのBNPパリバオープン。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中