2019年 3月 26日 (火)

杉並の逃亡ミミズク お気に入りマンションで威厳たっぷり、カラス軍団も撃退

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都杉並区の街を飛び回るミミズクはきのう24日(2019年2月)も、JR阿佐ヶ谷駅から150メートルのマンションに現れた。近所に人によると「午前6時半ごろから(午後まで)居続けている」そうで、ここ何日かはこのマンションにすっかりいついた模様だ。

周辺がすっかり観光地化する人気者

tv_20190225114403.jpg

   野上慎平アナ「カラスが集団でかかっても、ミミズクの方が強いそうです」

   宇賀なつみアナ「カッコいいですね」

   山口真由(米ニューヨーク州弁護士)「威厳があります」

   ミミズクは朝になると、同じマンションに戻ってくるという。なぜここなのか、動物研究家のパンク町田さんは「風をしのげるし、4階がお気に入りの高さらしい。獲物を探す周回コースが決まったのではないか」と観察する。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「寒くても大丈夫でエサもあるとなると、雄雌はわからないが、もう1羽いたら繁殖しちゃう」

   司会の羽鳥慎一「周辺は観光地化しちゃっていますね。危害を加えるわけではないから、無理に捕獲しないでいます」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中