2019年 11月 16日 (土)

助演女優賞受賞!樹木希林さんの言葉が今も生きる 日本アカデミー賞授賞式は思い出話で満開

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   1日(2019年3月)に開かれた日本アカデミー賞授賞式で、是枝裕和監督の「万引き家族」が作品賞、監督賞など8冠を達成した。カンヌでの最高賞「パルムドール」(2018年5月)以来数々の賞を受けてきたが、この日の白眉は最優秀助演女優賞を受けた故・樹木希林さんが残した数々の言葉だった。

   司会の西田敏行さんは、「あなたを真似たいのですが、あなたの真似はできません。唯一無二の素晴らしい先輩でした」といった。

「時が来たら、誇りを持って脇にどけ」

tv_20190304132947.jpg

   代理で登壇した娘の文筆家・内田也哉子さんの言葉がよかった。

   「生前母がよく口にしていた『時が来たら、誇りを持って脇にどけ』というのが、文字通り今日をもってできると思います」

   「6年前に『わが母の記』で最優秀主演女優賞をいただいた母が、この舞台で、『これをいただくと来年司会でしょ。私、冗談抜きで全身がんなんで、来年の仕事約束できないんですよ』と口を滑らせました。私が『お祝いの席でなぜそんなこと言うの』と言うと、母は平然と『いつ死ぬかわからないんだから、先方にもご迷惑でしょ』と返してきました」

   「つくづく母は、なんて真っ当な心根を持ったアナーキストなんだろうと思いました」

   共演者たちも語った。

   松岡茉優さんは「監督はあんまり一発をOK出さない。ヨーイの時に希林さんに『どうせ一回で終わんないんだから、リハーサルみたいにやりゃあいいのよ』といわれて、楽にやったら一発OKでした」

   是枝監督「いつも希林さんが正しいんですよ。(脚本賞について)プロットを読んでいただいて、『こう言うことよね』とか、僕が書いていないセリフをふっと口にされて、それを脚本を書いていくという共同作業だったので、希林さんと一緒にもらった賞と思います」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中