2020年 11月 30日 (月)

ミヤマガラス大群 佐賀に飛来!1万羽が上空を舞い「うるさい」「臭い」「フン汚い」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   佐賀市の中心部を1万羽を超すカラスが飛び回っている。小柄なミヤマガラスで、群れで行動し、昼間は郊外の田畑でエサをあさり、夕方になると市街地に戻ってくる。「うるさい」「臭い」「フンが汚い」と住民は悲鳴をあげている。

   齋藤寿幸リポーターが中心街の県庁付近に行くと、屋根や木の枝にびっしりと止まっていて、「うわあ、すごい数の群れです。現実とは思えない。映画みたいです」と驚きの声をあげる。アスファルトもフンで色が変わっていた。

   宇賀なつみキャスター「ちょっとひどいですね」

   佐賀市生活環境課は「中国から朝鮮半島経由できたらしいです。ネットや箱ワナを仕掛けても、ハシブトカラスは入るが、ミヤマガラスは捕獲できません」という。

中国やロシアから天敵少ない日本に集結

tv_20190306114450.jpg

   カラス研究50年の東京大の樋口広芳・名誉教授は、「中国やロシアで増えたうえに、日本は冬も食料が豊富だと学習したのではないでしょうか」と話す。タカやフクロウといった天敵が減ったことも原因らしい。

   これまでは飛来は九州が中心だったが、島根、石川、秋田にも進出する兆しがある。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「昔、襲われたことがあり、鳥肌が立ちます」

   司会の羽鳥慎一「とにかく数が多い。効果的な対策はないということです」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中