2019年 12月 8日 (日)

中国制作の漫画・アニメ席巻!「少年ジャンプ」も『カレカノ』4月から配信

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   これまで「クール・ジャパン」の象徴とされてきた漫画やアニメの世界で、中国の存在感が急速に高まっている。

   集英社の「少年ジャンプ」編集部がインターネットで配信している漫画サイトには、中国人漫画家の米二が描く「一人之下」があった。4月(2019年)からは国際的漫画賞で大賞を受賞した中国の漫画「カノカレ」が配信されるという。

   細野修平編集長は「日本の漫画と遜色ないくらい中国のレベルが上がり、恐るべき才能を持った漫画家が生まれている」と話す。

政府がバックアップ!テレビ・ゴールデンタイムに放送優先

   中国で制作された3Dアニメ映画「西遊記之大聖帰来」は、日本など世界60か国で公開され、200億円以上の興行収入を得た。中国のアニメ産業の市場規模は2017年に2兆5000億円に達し、日本を大きく上回っている。海外に輸出される作品も増えている。

   「西遊記」の田暁鵬監督は、来年(2020年)公開予定の3DCGアニメ「深海」を制作中だ。中国政府が整備した制作施設で、ハリウッドで活躍したクリエーターたちがモーションキャプチャーなど最先端の技術を活用して制作にあたる。田監督は登場人物の表情を描くために、わざわざ天才子役といわれる11歳の女優を呼び、複雑な感情表現を演じてもらっていた。

   中国の漫画・アニメを支えているのは、インターネットの活用だ。1億5000万人の読者が登録する漫画・アニメのポータルサイトを運営する「テンセント」は、編集者がパソコンのチャットで漫画家とやり取りをしている。新作の持ち込みも、連載漫画の修正もすべてチャットで行い、直接顔を合わせるのは年に1回程度だという。

   編集者が認めた作品はまず無料でサイトに掲載される。ダウンロード数をもとにランク付けし、人気が出ると有料化され、その人気がさらに続けばアニメ化・ゲーム化して、幅広いビジネスを展開している。このビジネスには大手IT企業「ウェイボー」も参入し、ダウンロードされた時間や地域、年齢などを解析し、ヒット作を生み出している。

   中国が急速に力をつけた背景に政府のバックアップがある。2004年に海外アニメ作品に規制を加え、国産アニメが7割、海外アニメは3割までと定められた。08年にはテレビのゴールデンタイムに海外アニメを放送することが禁止され、13年には衛星放送に毎日30分以上の国産アニメ放送を義務付けた。国産アニメ会社には税制の優遇や奨励金まで与えている。

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中