2019年 6月 26日 (水)

ゴーン保釈!さて裁判はどうなる?無罪請負人・弘中淳一郎弁護士が仕掛ける法廷戦術

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   特別背任の容疑を否認している日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)が保釈になったのは、弘中淳一郎弁護士が日本では異例の保釈条件を東京地裁に提案したからだった。

   保釈後はゴーンの住居の出入り口に監視カメラを設置し、録画した映像を定期的に地裁に提出。携帯電話やメールなどの送受信の禁止、海外渡航は禁止で、パスポートは弁護人が保管するという。

   ゲスとの若狭勝弁護士は「これだけ具体的に提示されれば、地裁もダメとは言えない」という。ゴーンも保釈条件が厳しいと感じたのか、「ビックリしていた、嫌そうな顔もしていた」(弘中弁護士)という。

検察側ものるかそるかの大一番

tv_20190306153240.jpg

   弘中弁護士は「無罪がとれてもおかしくない」と話しているが、どんな法廷戦術を考えているのだろう。若狭弁護士が次のように解説した。

   「無罪を勝ち取るには、検察が隠す証拠の弱い所を鋭く見つけ、検察の主張を崩していく必要があります。その検察の弱点をカミソリのように切り込むから、カミソリ弘中と呼ばれているんです」

   司会の小倉智昭「だから面白い。これで無罪にでもなろうものなら、検察崩壊じゃないですか」

   若狭弁護士「検察崩壊、特捜部解体でしょう」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中