2019年 11月 13日 (水)

175ケ国を放浪する75歳のフランス紳士が見つけた平和な高知の田舎港。壮絶な過去を癒してあげられるのか
<YOUは何しに日本へ?>(テレビ東京系)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   以前から時々見ている当番組の中には、四国のお遍路さんなどユニークなYOUが沢山いたが、今回のYOUには思わず涙が出た。関西空港で出会った75歳のフランス人・ジャックさん。フランス人でも英語がペラペラ。世界の196ケ国の中の175ケ国を放浪したという品のいい紳士である。バックパック1つが財産だそうだが、来日は密着の回で23回目。日本に『秘密の場所』があるという。

   大阪から9時間かけて、和歌山港→フェリーで徳島港→バスで徳島駅→ローカル線3本乗りついで→阿佐東線の終着駅で降りた。15分歩いて着いたのが甲浦というごく普通の港町。人口は500人位。普通の古民家に行ったら、女将が待っていて、「昔は旅館だったの」、明石海峡大橋ができてから過疎化して廃業したけれど、ジャックさんはその3年前から来ているので無料で泊めてあげている。

   YOUは漁船を係留してある入り江の見える公園で、アンパンと日本茶を頬張る。彼にとって一番心が休まる場所なのである。「なぜ?」「平和だから」。実はジャックさんは南アフリカ共和国の元大統領だった有名なネルソン・マンデラさんと一緒に国連で仕事をしていた。1989年のナミビア独立戦争に関わって、多くの何も悪くない人たちの悲劇を見た。55歳で早期退職して放浪の旅へ。母国には家も車もない。深く心に傷を抱えて世界を歩く品のいいインテリ紳士。日本の田舎が癒してあげられるならいいが、まだ放浪は続く。(放送2019年3月4日18時55分~)

(黄蘭)

採点:2.5
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中