2019年 10月 20日 (日)

小惑星探査機「はやぶさ2」リュウグウ着地の瞬間!2億8000万キロかなたとは思えない鮮明映像

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開した小惑星探査機「はやぶさ2」の映像が人気だ。YouTube(ユーチューブ)の「『はやぶさ2』搭載小型モニタカメラ撮影映像 / Hayabusa2 Touch down movie」という動画が4日(2019年3月)に公開されている。

   はやぶさ2が小惑星リュウグウへの初めてのタッチダウン(接地)を行ったときの様子を記録したもので、233枚の画像を撮影し、つなぎ合わせて、実際の5倍速で再生したという。

特殊弾丸発射で飛び散る岩石

   ハイライトとなるのは、リュウグウの地表に特殊な弾丸を発射し、飛び散った岩石などをサンプルとして採取する作業で、2億8000万キロのかなたから送られてきたとは思えない鮮明で貴重な映像だ。

   2月22日に公開された「『はやぶさ2』タッチダウン運用ライブ配信」は、「宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機ISSからの離脱 ライブ中継」も人気がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中