2019年 3月 26日 (火)

杉良太郎、城島茂ら「特殊詐欺」注意呼びかけ――急増中!改元にかこつけキャッシュカード騙し取り

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   杉良太郎ら芸能人のプロジェクトチーム「SOS47」は、おととい6日(2019年3月)に東京都内のイベントに参加した。「SOS」とはストップ・オレオレ詐欺。芸能人が知名度を生かして、国家公安委員会の特殊詐欺撲滅キャンペーンに協力するという。

   メンバーは他に、EXILEのHIRO、伍代夏子、城島茂、コロッケ、乃木坂46らだ。イベントでは城島があいさつし、詐欺被害の再現などを演じた。

   警察庁によると、昨年(2018年)の特殊詐欺被害額は約357億円で、年が明けても、改元詐欺やアポ電など新たな手口で広がっている。改元詐欺は、金融機関を騙って、年号が変わると使えなくなるとキャッシュカードを詐取したり個人情報を聞き出すもので、4、5月にさらに増えそうだ。

銀行協会名乗って「新元号が使えなくなります」と封書

tv_20190308120440.jpg

   すでに、きのう7日(2019年3月)に、東京・豊島区の不動産会社役員、岡田真和容疑者(44)が神奈川県警に逮捕されている。横浜市内の女性(74)に、全国銀行協会の名前で「改元に伴う銀行法改正で、カードを変更する必要があります」という封書を送り付け、個人情報を書き入れる「変更届」を返送するよう求めていた。

   個人情報を盗み取る手口だが、息子が気づいて警察に届けて明らかになった。返送用の封筒に自分の住所を記載するとは、間抜けな話だ。しかし、一人暮らしのお年寄りを狙った元号詐欺は、アポ電との組み合わせで、山梨や静岡で「成功」している。

   ニュース雑学おじさんの堀尾正明キャスター「もっともらしいことが書いてあって、返信用の封筒までついていると、真面目に出しちゃうんですよ」

   司会の国分太一「SOSにうち(TOKIO)のリーダーの城島さんが出てきて驚きましたね。去年かららしいんですけど、教えてくれないんですよね」

   堀尾「なんで47なのかな」

   国分「後で聞いときます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中