2021年 4月 19日 (月)

週刊新潮に叱られた!「すき家の牛すき焼き丼・二倍盛でビール」ああ、至福のとき・・・「塩分摂り過ぎ」だって

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「関ジャニ・錦戸亮」グループ解散を主張?崩壊止まらぬジャニーズ事務所

   困ったことが発覚した。小室圭が今年7月(2019年)にニューヨーク州の司法試験を受けるという情報が流れ、それに合格すれば晴れて弁護士になれると思っていたのだが、週刊文春の調べによると、事実は違うようだ。

   小室圭は現在、奨学金をもらってLLMコースに通っている。このコースは5月で修了し、その後JD(法務博士)コースに進むが、そこには同じような奨学金はないそうである。出ても、LLMよりかなり減額されるという。

   さらに、LLMコースを修了して、一足飛びにニューヨーク州の弁護士試験を受けるには、事前審査があり、法学部を卒業していない圭は、7月に受けられる資格はないというのである。

   圭の弁護士の上芝直史も「受験資格はないと認識している。予定通りJDに進学する」と認めているのである。そうなると、受験できるのは今から3年後以降となるのだろう。

   眞子&圭のいばらの道はまだまだ続くということになりそうである。

   同じ週刊文春に、「関ジャニの人気者、錦戸亮がグループの解散を強硬に主張し、自分は脱退するといっている」と報じている。昨年(2018年)、同メンバーの渋谷すばるが、「音楽活動の追求」を理由に脱退したことがきっかけだったという。

   SMAPが解散し、嵐も来年末で活動を休止する。嵐に続く60万人超のファンクラブ会員をもつ関ジャニが解散となれば、ジャニーズ事務所の将来はない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中