2019年 3月 26日 (火)

<今週のワイドショー>朝ワイドも意表突かれたゴーンの変装!来週は本人の生会見

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京地方裁判所は火曜5日(2019年3月)に、特別背任罪などで起訴された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を決定し、東京地検の準抗告も退けられたことで、早ければ当日中にも東京拘置所から出てくるかもしれないと、ワイドショーはリポーターとカメラを拘置所前に張りつかせた。しかし、ゴーン側が10億円の保釈金を用意できず、その日の保釈はなかった。

   翌6日の朝ワイドは、放送中にゴーンが出てくるかもしれないと、「まもなく保釈」と速報態勢をとったが、拘置所前にいっこうに動きはなく、<ゴーン保釈!さて裁判はどうなる?無罪請負人・弘中淳一郎弁護士が仕掛ける法廷戦術>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<ゴーン異例の否認のまま保釈!弘中惇一郎弁護士が仕掛けた秘策「自宅に軟禁しますから」>(テレビ朝日系「モーニングショー」)と、公判の話で時間を稼いだ。

次は高級スーツ姿で登場か

   ゴーンが出所してきたのは、結局、午後も4時半で、その姿に取材陣はびっくり仰天した。作業員に変装していたのだ。7日の朝ワイドはもっぱらこの話題で、<ゴーン「変装費」9528円!作業服は建築土木関係の定番、帽子は電気設備作業向けでミスマッチ>(TBS系「ビビット)、<ゴーン保釈「バレバレ変装」何のため?白髪のやつれた姿さらしたくなかった>(「モーニングショー」)と、面白がって伝えた。

   来週にはゴーンの会見がありそうだ。さすがにバリッとした高級スーツ姿だろうなあ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中