2019年 11月 19日 (火)

ええっ、たけしが「東條英機」に?! テレビ東京ドラマSP「二つの祖国」で鶴瓶に殴られる!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ビートたけしと笑福亭鶴瓶が、テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」(2019年3月23、24日の2夜連続放送)に特別出演することが12日、明らかになった。

   2人が登場するのは、極東国際軍事裁判(東京裁判)のシーン。たけしは、戦後A級戦犯として起訴・処刑された東條英機元首相、鶴瓶は東京裁判で唯一民間人のA級戦犯として起訴された(後に釈放)思想家の大川周明を演じる。ドラマ収録では、実際に東京裁判で起きた大川が東條の頭をたたくシーンも再現された。

  • 東条英機(たけし)を殴る大川周平(鶴瓶)のシーン((C)テレビ東京、番組ホームページより)
    東条英機(たけし)を殴る大川周平(鶴瓶)のシーン((C)テレビ東京、番組ホームページより)

「似ていないと言われるのは嫌だが、似ているのも変」

   「二つの祖国」は「白い巨塔」「不毛地帯」などで知られる山崎豊子の原作だ。第二次世界大戦前、大戦中、大戦後の米国と日本を舞台に、米国に生まれた日系2世たちが、「二つの祖国」のはざまで運命に翻弄される姿を描く青春群像劇。小栗旬、ムロツヨシらが出演する。

   以前にも東條英機を演じたことがあるたけしは、こう語っている。

   「東京裁判は何度も見てるシーンだから、やりやすいんだかなんだか......。あまりに現物を見ているから、『本当に似ているかな』とそっちの方を考えちゃいました。自分が似ていないと言われるのは嫌だなと。似ているのも変だけど」

(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中