2019年 11月 12日 (火)

大河ドラマ「いだてん」早くも最低視聴率更新は確定的!全話平均でひとケタの悪夢

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(総合・日曜よる8時)の10日(2019年3月)放送の第10話の平均視聴率は8・7%と、とうとう8%台まで落ち、1ケタ台が定着してしまった。さらに、出演中のピエール瀧がコカイン使用で逮捕されるなど、まるでいいとこなしである。

   大河ドラマのこれまでの最低視聴率記録は「平清盛」(2012年)45話の7・3%だが、これを更新しそうな急落ぶりだ。10話までの平均は11・11%で、スタートダッシュでこれほど低迷した例はない。また、全話平均で最低だった「花燃ゆ」(2015年)の12・00%をすでに下回っていて、下手をすると、ひとケタという悪夢もあるかもしれない。

   NHKとしては、東京オリンピック・パラリンピックの前年に、宮藤官九郎の賑やかな脚本で、手だれの役者を総動員して盛り上げようと狙ったのだろうが、策におぼれたということか。「いだてん」視聴率の全話最低記録更新は早くも決まったようだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中