2019年 7月 23日 (火)

「いだてん」ピエール瀧の代役に三宅弘城 クドカンファミリーの名脇役、「あさが来た」の亀助

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NHK大河ドラマ「いだてん」で、コカインの使用容疑で逮捕されたピエール瀧(51)の代役に俳優三宅弘城(51)が決まったことが19日、明らかになった。スポーツ報知や日刊スポーツなど複数のスポーツ紙が報道した。近く、正式に発表される。

   三宅は、人気劇団「ナイロン100度」の看板俳優で、演技力には定評がある。「いだてん」の脚本を手がける宮藤官九郎(48)と同じ「大人計画」に所属しており、周知の間柄だ。名脇役として多くのドラマに出演、NHKでは連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロイン・あさ(波瑠)が嫁ぐ両替商「加野屋」の中番頭・亀助役を好演した。大河ドラマでも「新選組!」(望月亀弥太役)、「篤姫」(伊地知正治役)に出ている。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中