2020年 11月 28日 (土)

「好きな90年代ドラマヒロイン」ランク1、2位は山口智子、松嶋菜々子 なぜアノ女優が出てこない?!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   株式会社「CMサイト」は24日(2019年3月)、「好きな90年代ドラマヒロイン」のベスト10位を発表した。2019年2月28日にインターネットを通じて、30~60代の1万978人の男女を対象にアンケートを実施したものだ。

   それによると、1位は『ロングバケーション』(フジテレビ系)の葉山南役、『29歳のクリスマス』(同)の矢吹典子役などで人気の山口智子だった。「全く違う人物を演じ分けることができ、すごい女優さんだと衝撃を受けた」「90年代ドラマ最高作品ロンバケの最強ヒロイン」という声が集まったという。

視聴率30%超え「東ラブ」の鈴木保奈美を忘れている!

   2位は、『GTO』(フジテレビ系)の冬月あずさ役、『救命病棟24時』(同)シリーズの小島楓役などを演じた松嶋菜々子。第3位は、『愛していると言ってくれ』(フジテレビ系)の水野紘子役の常磐貴子が選ばれた。

   以下4位は、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の恩田すみれ役の深津絵里。5位は『甘い生活』(日本テレビ系)の内田有紀、6位は『ピュア』(フジテレビ系)の和久井映見、7位は石田ゆり子、8位は中山美穂、9位は小泉今日子、10位は桜井幸子となった。

   それにしても、最終回の視聴率が32.3%という驚異的な人気を誇った『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の赤名リカ役の鈴木保奈美はなぜ選ばれなかったのだろうか。最近、再ブレークしているというのに、不思議だ。柴門ふみの原作漫画が連載されたのは1988年だが、ドラマが放映されたのは91年1月だ。まさか、80年代の作品と思ったのでは?!(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中