2020年 11月 29日 (日)

「とくダネ!」間に合わなかった!貴景勝の大関伝達式ナマ中継―小倉智昭「ああああああ~」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   大関昇進が決まった貴景勝(22)の伝達式が27日午前、大阪市内のホテルで行われたが、「とくダネ!」は生中継で伝えようと早くからスタンバイしていたが、の番組中には間に合わなかった。

   映像では使者を待つ貴景勝と千賀ノ浦親方を流していたが、使者がなかなか到着せず、貴景勝は流れる汗をタオルで拭いながら座ったりたったり落ち着かない。

   注目される口上はについて、きのう(2019年3月26日)に「自分の中で大事にしてきたものとか決意を述べられたらいいと思う」と言い、好きな四字熟語は「臥薪嘗胆」と話していた。しかし、相撲リポーターの横野レイコによると、「この四字熟語はこの場ではふさわしくないと父親から止められた」らしい。

番組終了30秒前にようやく使者到着

tv_20190327143602.jpg

   結局、使者が会場に到着したのは番組終了の直前の午前9時50分ごろで、「到着しました」と報じられたときは残り30秒になっていた。伊藤利尋キャスターが「ごめんなさい。お伝えできたなかったらごめんないさい」と真っ赤になって伝え、司会の小倉智昭は「あああああああ~、またあした」と叫んで番組は終わってしまい、肝心の口上は入らなかった。

   その後、使者から「全会一致で大関に推挙されました」と伝えられた貴景勝は、「大関に名に恥じぬよう武士道精神を重んじ、感謝の気持ちと思いやりを忘れず相撲道に精進して参ります」と述べた。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中