2020年 11月 25日 (水)

<ひよっこ2>(NHK総合)
あっという間にみね子たちの世界に引き戻された!奥茨城、すずふり亭、あかね荘・・・みなさんお変わりなくてなにより

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

    早いもので、好評を博した朝ドラ「ひよっこ」が終了してもう2年が経つ。「ひよっこ2」はあれから2年後の1970年秋を描くスペシャルドラマだ。

   桑田佳佑が歌う主題歌「若い広場」は変わらず。が、タイトルバックのミニチュアたちが新しくパワーアップしていた。このスペシャルのためにわざわざ新しいタイトルバックを制作したのだ。しかも、これが凄く凝っていて、思わず、録画していたものをスローで再生し、ひとつひとつじっくりと確認した。 そろばんで作られていた団地が電卓に代わっているなど、細部にまでこだわりを見せる。オープニングだけで、制作者たちの「ひよっこ」愛がガシガシと伝わってくる。

   もちろん本編でも、奥茨城の人たちも、すずふり亭の人たちも、あかね荘の人たちも、乙女寮のみんなも、あいかわらずの日々を送っているようで、なにより。そんな日常を描きながら、登場人物のいまをさらりと紹介するあたりが本当に巧い。あっという間に、「ひよっこ」の世界に連れて行かれた。

痩せた佐藤仁美いじったり、朝ドラの即席ラーメン登場したりとくすぐり巧み

   くすぐりも満載で、たとえば、ヒロインみね子(有村架純)の先輩ウエートレスで、奥茨城に嫁いだ高子(佐藤仁美)が痩せた話を、姑のきよ(柴田理恵)がする場面。「高子痩せたでしょ。棚の上に隠していたお菓子缶をとろうと脚立に乗ったら、重みで脚立が壊れて痩せようと思ったんだ」とかなんとか。ライザップで痩せた佐藤仁美をいじっているようにも見えた。

   こんな場面もあった。中華料理屋の店主・五郎(光石研)が、「インスタントラーメンができてから、うちは右肩下がりだ。今の子どもはラーメンといえばインスタントだ。あんなもの発明した奴どこのどいつだよ、出てこーい!」とぼやく。これも、いままさに放送中の朝ドラ「まんぷく」をちゃっかり取り込んだものだ。萬平さん(長谷川博己)がどこかでくしゃみしているのではなかろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中