2019年 5月 22日 (水)

健康寿命縮める「足の巻き爪」パンプス愛用の女性はとくに注意

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   特別編成で、きょう28日(2019年3月)は1918年10月29日に放送された「実は健康のカギ?あなたの知らない爪の話」の再編集VTRの放送だ。

   足の親指の巻き爪を、たいして痛くないから我慢していると、「とんでもないことになるかもしれませんよ」と雨宮萌果アナが報告した。健康寿命が縮まるというのだ。

   歩くときは、まずかかとを付いて足の外側に体重をかけ、最後に親指で踏み切るのが正しいのだが、このとき親指の爪がしっかりしていないと、ちゃんと踏み切れず、横にふらついたり、ペタペタとペンギン歩きのようになってしまう。足が持ち上がりにくく、転倒の危険性も高まる。

   形成外科医の菊池守さんは「親指の巻き爪だからとバカにせず、しっかり治療しないと、将来、健康寿命を長く保つことができなくなってしまいます」と説明する。

我慢してると悪化して手術

   爪の生え変わりには1~2年かかるため、1度ひどい巻き爪になると、手術しなければならない。日頃から予防するにはどうしたらいいのか。皮ふ科医の高山かおるさんによると、「靴の選び方」と「爪の切り方」が重要だという。

   「足先に余計な力がかかって、ぎゅうぎゅう押されると巻き爪になります。女性はパンプスなど先が細い靴を履くときは、長時間履き続けないように管理したり、TPOを守ったりするように指導しています。

   爪の長さは自分の皮ふを覆うくらいがいいと言われています。短すぎると指に力がかかりづらくなります」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中