2019年 11月 15日 (金)

「まんぷく」視聴率は21・4% 「ひよっこ」「わろてんか」「半分、青い。」を上回る好成績

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   安藤サクラがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「まんぷく」の最終回が3月30日(2019年)に放送され、全話の平均視聴率は21・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。1日(2019年4月)、スポーツ各紙が一斉に報じた。

   20%台は、2015年後期「あさが来た」から7作連続の大台突破だ。16年後期「べっぴんさん」の20・3%、17年前期「ひよっこ」の20・4%、17年後期「わろてんか」の20・1%、18年前期「半分、青い。」が21・1%で、直近の過去4作を上回る好成績だった。

   「まんぷく」は、インスタントラーメンとカップヌードルの生みの親、日清食品創業者の安藤百福(ももふく)・仁子(まさこ)さんの夫妻の半生をモデルに描いた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中