2019年 5月 22日 (水)

平成のテレビCM女王は断トツで上戸彩!30年間で出演時間321万4220秒・・・毎日20本

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   テレビ視聴調査会社「ビデオリサーチ」は4日(2019年4月)、平成の30年間(1989~2018年)に放送されたテレビCMの出演秒数ランキングを発表した。1位は上戸彩で、断トツの321万4220秒、累積本数は19万8002ほんだった。

   実に24時間37・2日間出っ放しという換算になる。1日あたりにすると4・9分、毎日18本登場していたことになる。

イチローは11位でスポーツ界からただ一人の上位入り

   2位は木村拓哉222万3000秒、3位は所ジョージ203万8575秒だった。このランキングは、出演企業数ではなく、テレビに流れた出演総時間のため、出演企業数が少なくても、放送回数が多いCMだと上位にランクインする。上戸はソフトバンク、AOKI、アサヒビールなどのCM、木村はオロナミンC、所ジョージは宝くじなどのCMが頻繁に流れた。

   この他に、4位は阿部寛、5位綾瀬はるか、6位樋口可南子、7位玉木宏、8位仲間由紀恵、9位唐沢寿明、10位香取慎吾。米大リーグ・マリナーズのイチローは11位で、スポーツ選手でただ一人ベスト20に入った。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中