2020年 12月 1日 (火)

難治がんと生きたショーケン8年・・・53時間の映像に残されていた「オレと仕事と妻と」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   3月(2019年)に、10万人に1人という希少がん(消化管間質腫瘍)のため、68歳で亡くなった俳優の萩原健一は、がんが発見された2011年の翌年から死の8日前まで、8年間の暮らしぶりと仕事を、53時間の映像に残していた。

   記録映像を撮りはじめたときは、「いい感じです」と笑顔も見せていた。手術でがんを取り除き、現場復帰したが、仕事への姿勢は相変わらず厳しい。映像には「そばにいる人より、ブラウン管の外にいる人に届けばいい」と語る姿や、スタッフに「しっかりしろよ、本当に」と声を荒げる場面も残っていた。

   破天荒なイメージとは異なる言葉もあった。「60過ぎたら健康第一で、社会貢献していきたい」「過ちを犯しました。よく反省しました」などと口にしている。発病直前にリカ夫人と結婚し、「妻との時間を大切にし、いい作品をつくるために全力をつくす」とも語っていた。病気を公表せずに俳優の仕事に打ち込んだ時期だった。

再発病でいよいよ芝居にめり込む役者バカ

   しかし、2015年4月にがんが再発し、「頭が真っ白になった」という。「このまま肉の塊で生きるのも人生。それより、スキャンダル的なゴシップばかりで騒がせて、(妻を)幸せにできなったらどうかと思うんだよ」と語り、それまで以上に俳優業に力を入れた。

   吉田茂首相の役を演じたときは、マウスピースを入れて「1日4、5時間(訓練を)やった。それでなじむんだよ」と役者魂を見せた。

   去年(2018年)、NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」のオファーがきた。余命わずかなラグビー選手の役だった。走るシーンもある。主治医に相談すると、「自殺行為です」と言われ、手術を勧められた。「本人の思うようにやらせたかった」とリカ夫人は振り返る。手術を受けず、病気を隠し通し、萩原健一はオファーを受けた。

   NHKの担当者だった城谷厚司氏は「(病気のことは)まったく知りませんでした」という。気温30度を超す真夏のロケで、プレーシーンには吹き替えの代役も準備したが、「本人が自分で走ると言うので、ほとんど吹き替えなしで撮りました」

   萩原の体は悲鳴を上げていた。撮影中もむくみや発疹が出た。腹水がたまり、腹がふくれた。共演した高橋克典は「それでも走っていた。弱くなった自分を見せなかった」と話す。ドラマの中で演じた選手ががんを告白する場面が、「死と直面した人の覚悟を感じました。太い矢を打ち込まれたみたいな瞬間でした」と忘れられないそうだ。

   妻役だった夏木マリも「1人の男を病気によってより魅力的に描けたのはショーケンさんだからです」と話す。

「抗がん剤で声がかすれたら、今度はそれをどう使うかだ」

   病気と向き合うことを、萩原は「非常に不快なことだけれど、今までと違う自分を発見できる」「抗がん剤で声がかすれれば、それをどう使うか、それがまだ残されている」「体力の限界はあるが、知恵の限界はまだ使って(達して)いない」とも語っていた。

   「希少がんの難関を治そうとは思わない。かかえたまんまで人に迷惑をかけないで挑戦でき、家内に心から正直なことを伝えて。ただね・・・、そうね、5年生きたいね」と、途切れ途切れに話す姿も映像に刻まれていた。亡くなる8日前も、せりふのけいこを懸命していた。そこで映像はぷつんと切れる。

   武田真一キャスター「俳優として生きる覚悟を見せてくれました。とっぽくて、陽気で、荒々しくて、素敵なスターでした」と締めくくった。昭和から平成を強烈な個性で走り抜けた。

   *NHKクローズアップ現代+(2019年4月4日放送「独自映像"ショーケン"最期の日々」)

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中