2020年 11月 29日 (日)

大野智がイモトと伊豆大島へ 芸達者なイモトにすっかりお株を奪われ、「世界の果てまでイッテQ!」番外編に

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   「嵐にしやがれ」(2019年4月6日夜9時~・日本テレビ系) 嵐のリーダー、大野智が小型船舶免許1級を取得後初のお出かけは、伊豆稲取港から28キロの伊豆大島。大野丸初の女性ゲスト、「世界の果てまでイッテQ!」のイモトアヤコと出発。大野と初ロケのイモトは、最初「ちょっと不安」と口にするが、その予感は的中する。

   大野はいきなりアヤコと呼び捨てにし、「アヤコの普段が見たい。頑張ってるアヤコしか俺は見たことないから、普段のアヤコをきょう見たい」と宣言。イモトはまるで空気の読めない大野相手にひたすら頑張らされることになった。

ぶっつけ本番で「大島節」を器用に踊り切るイモトに、大野唖然

   出港後、すぐに釣り。いいところを見せたい大野だが、竿にかかったのは小魚、大物イサキには逃げられ、釣り上げた魚を自らさばいての朝食とはいかず、いきなりの番狂わせに。「カメラが回ってる時はあんま釣れない」と言い訳がましい大野。

   2時間の航海を終えて上陸。島の説明を始めた大野、いきなり面積を間違えてしまう。「見てらんねえな!ちょっと、私やっていいですか?」とイモトが案内役を買って出る。2人一緒にスタッフからレクチャーされたばかりなのに、早くも「俺、できねえわ」と白旗を掲げる大野、先が思いやられる。

   2人はインスタ映えスポットBEST3を訪問。岩に木の根が這う「泉津の切り通し」、火山岩や火山灰で出来た道路沿いの「地層大切断面」、度重なる火山の噴火で生まれた真っ黒な「裏砂漠」で記念写真を撮りあう。途中、島の名物牛乳せんべいを試食、観光名所、椿花ガーデンを見学。

   そこでもイモトの芸達者ぶりが光る。焼きたてホヤホヤをリアルに表現した食レポ、いとうあさこからの受け売りである「花鳥風月」の教えをひもといてみせた。ついには、踊れるのは島で数人という希少価値の「大島節」名人を前に、イモトはぶっつけ本番にもかかわらず、頭の上に桶をのせて器用に踊りきってしまう。

   頼みの綱の釣りが坊主で心が折れたのか、大野、最後まで挽回できず。高視聴率番組の花形スター、イモトにコーナーごと乗っ取られ、まるで「世界の果てまでイッテQ!」番外編に。次回はカッコイイところを見せてほしいが。

    知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中