2020年 11月 28日 (土)

<グリーンブック>
粗野な白人運転手、セレブな黒人ピアニスト!"逆転"でかえって浮き彫りになる差別・・・アカデミー3賞受賞うべなるかな

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!
(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

   1962年のアメリカ。イタリア系白人のトニー・リップはナイトクラブの用心棒として働いていたが、クラブが改装するため仕事を失ってしまった。美しい妻ドロレスと二人の息子を養うため、次に見つけた仕事は黒人ジャズピアニスト、ドクター・シャーリーの運転手兼付き人だった。

   黒人差別が色濃いアメリカ南部でのコンサート・ツアーに戸惑うが、高給に魅かれて引き受けることにした。2か月間のツアーでトニーに渡されたのは、黒人が泊まることの許されたホテルガイド「グリーンブック」だった。

   アカデミー賞の作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した実話を基にした話題作だ。

滑稽で哀しくて明るい2人の意地の張り合い

   初め、トニーは黒人をしっかり差別していた。自分はしゃべり方も食べ方もどこか品がないのに、シャリーは上流階級育ちのエリートで、そこが気に入らないのだ。しかし、シャーリーが奏でるピアノを聞いた途端、「彼は天才だ」と素直に才能を認める。

   作品を通して音楽はもちろんのこと、登場するのは美味しい料理、ロマンチックな手紙のやりとり、シャーリーとトニーの間に少しずつ芽生える男同士の友情。そのすべてが大切な何かを気づかせてくれる。心温まる作品である。

   良いものは良いと率直に言えるならば、生まれ、育ち、肌の色を超えて心に届く。シャーリーとトニーの関係は時に笑ってしまうほど面白い。互いが寂しさや辛さを抱えながら、でも、断固として曲げないプライドを持っているところが、見ていて心地良いのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中