2019年 4月 18日 (木)

助手席にいた妻は呆然、周囲も茫然 踏切バーのこぎり切断男は意外に冷静だった?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   13日(2019年4月)朝7時半頃、踏切遮断機のバーがノコギリで切断されるという事件が起きた。現場は千葉県船橋市の京成本線谷津駅と京成船橋競馬場駅間の踏切。谷津駅で発生した人身事故の影響で遮断機が約30分間降りっぱなしになっていた。

   そこに現れたのが作業着姿の男。SNSに投稿された動画には、踏切の内側からノコギリで遮断機を切断している様子が映っている。男は切断後自分の車に乗り込み、何事もなかったように走り去っていった。動画には「あの人何切ってるの?」という撮影者の声も入っている。動画の撮影者は取材に対し「車が通った時はみんな唖然としていた」と語った。

妻が激白「これはまずい、警察に絶対捕まるなあ」

tv_20190415130709.jpg

   千葉県警に逮捕されたのは自営業の53歳の男。遮断機が下りていた時間は30分ほどだが、男が遮断機を切り始めたのは踏切が閉まって10分ほど経過した頃だった。

   調べに対し男は「仕事があるのに車が動けなくなって、腹が立ちやってしまった」と容疑を認めている。事件当時容疑者の車に同乗していた妻は、昨日取材に応じ「急いでいて(踏切が)絶対開かないんじゃないか。人身事故だな。(止めたけど)行っちゃって。棒が切れちゃうと思わなかったし。これはもうまずいな。絶対に警察に捕まることはわかりますよね」と語った。

   近藤春菜(お笑いタレント)「考えられない危険行為ですよね。奥さんが止められないくらい男もキレていた」

   司会の加藤浩次「カッとなってやってしまう人が最近多い気がする」

   杉山愛(元プロテニス選手)「(遮断機を)切ってやろうという発想は生まれないと思う。冷静に考えられない状況になったんだと思うが、仕事先に連絡を入れればいいのに、なんでこんな衝動的な行動に出たのか残念」

   加藤「映像を最初見た時『嘘だろう、そんなことあるのか』と笑ってしまった」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「周りの人も止めるという発想がないくらい唖然としたのでは」

   加藤「でも、丁寧に切って、丁寧に立てている。カッとなっている感じがしない。わからない」

文 みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中