2019年 10月 17日 (木)

「司法試験合格より難しいのに」...小室圭さん、またも学費免除奨学金に大学関係者から疑問の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期になったまま、米ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに留学中の小室圭さん(27)が新たな奨学金を受け取ることが分かり話題になっている。

   現在、ニューヨーク州の弁護士資格を取得するためLLMコースという1年制コースを履修している小室さんは、2019年9月から3年制JDコースの2年生への編入を望んでいる。このコースを終了すると、全州の司法試験を受験することが可能になる。

   通常、JDコースに入るためにはネイティブでも難しい、難関試験を受けないといけないが、小室さんの場合はLLMコースからの編入なので試験は免除になるようだ。LLMコースからの編入は前例がないので何とも言えないが、最初から抜け道だったのではないかと疑う声もある。

「どうしたら何度も学費免除に選ばれるの?」

tv_20190415132227.jpg

   フォーダム大学には3種類の奨学金があるが、小室さんが受けるのは「特別奨学金」で、学費650万円全額が支給される。選考基準は「優秀な成績と潜在的なリーダーシップ」で、特に優秀な学生が選ばれる。

   フォーダム大学の卒業生で、ニューヨーク州弁護士の芝亮さんは「学費免除の奨学金対象者に選ばれるのは、司法試験に合格するより難しい。どうしたらそんなに連続して奨学金が受け取れるのか教えてほしい。卒業生としては羨ましい限りだ」と話す。

   通常は奨学金の合否はエントリーの締め切りから2~3週間かけて慎重に審査するが、今回は締め切り直後に大学から小室さんに連絡があったという異例のスピード判断。そこには、アメリカの大学ならではの事情もあるようだ。

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中