2019年 4月 24日 (水)

元祖トレンディドラマが刑事ものとは意外 捜査シーンがなく、全員がデザイナーズブランドとは...
〈梅沢富美男のズバッと聞きます!〉(フジテレビ系)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「浅野陣内柳葉30年ぶり大集合 今だから話せるSP」と題し、浅野ゆう子、陣内孝則、柳葉敏郎の3人に加え、石田純一、風間トオルなど、かつてトレンディドラマで活躍していた俳優が集まり、懐かし映像を見ながら、思い出話に花を咲かせるものだった。

   元祖トレンディドラマとされるのは1988年に放送された「君の瞳をタイホする!」だという。なにがトレンディかというと、警察が舞台の刑事の話なのに、捜査シーンはほとんどなく、その代わり、警察署があるのは当時、若者に人気の渋谷で、全員がデザイナーズブランドを身にまとい、おしゃれな住まいでおしゃれな暮らし......と、若者が憧れる流行を徹底的に盛り込み、人気を集めたと分析。

   面白かったのはその撮影法。渋谷スクランブル交差点では俳優だけを残し、スタッフは隠れて撮影。さらに、最終回、公園で無数の風船を飛ばし、ヘリで空撮する場面も、公園の許可なしで撮影した。公園の管理者が中止させようと来たら、スタッフがタックルして止めたというから凄い。ちなみにそのスタッフは現在、常務の大多亮で、陣内曰く「俺たちを踏み台にして出世しやがった」とのこと。

   「メンズノンノ」のモデルだった風間トオルを浅野自ら俳優にスカウト。1年かけて口説き落としたものの演技がド下手過ぎて現場を凍りつかせた、というのも笑った。新作を作ったところでどうせ見られないのだから、いっそ当時のドラマを再放送してはどうか。
(放送2019年4月10日22時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中