2020年 11月 28日 (土)

元祖トレンディドラマが刑事ものとは意外 捜査シーンがなく、全員がデザイナーズブランドとは...
〈梅沢富美男のズバッと聞きます!〉(フジテレビ系)

   「浅野陣内柳葉30年ぶり大集合 今だから話せるSP」と題し、浅野ゆう子、陣内孝則、柳葉敏郎の3人に加え、石田純一、風間トオルなど、かつてトレンディドラマで活躍していた俳優が集まり、懐かし映像を見ながら、思い出話に花を咲かせるものだった。

   元祖トレンディドラマとされるのは1988年に放送された「君の瞳をタイホする!」だという。なにがトレンディかというと、警察が舞台の刑事の話なのに、捜査シーンはほとんどなく、その代わり、警察署があるのは当時、若者に人気の渋谷で、全員がデザイナーズブランドを身にまとい、おしゃれな住まいでおしゃれな暮らし......と、若者が憧れる流行を徹底的に盛り込み、人気を集めたと分析。

   面白かったのはその撮影法。渋谷スクランブル交差点では俳優だけを残し、スタッフは隠れて撮影。さらに、最終回、公園で無数の風船を飛ばし、ヘリで空撮する場面も、公園の許可なしで撮影した。公園の管理者が中止させようと来たら、スタッフがタックルして止めたというから凄い。ちなみにそのスタッフは現在、常務の大多亮で、陣内曰く「俺たちを踏み台にして出世しやがった」とのこと。

   「メンズノンノ」のモデルだった風間トオルを浅野自ら俳優にスカウト。1年かけて口説き落としたものの演技がド下手過ぎて現場を凍りつかせた、というのも笑った。新作を作ったところでどうせ見られないのだから、いっそ当時のドラマを再放送してはどうか。
(放送2019年4月10日22時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中