2019年 5月 23日 (木)

元駐イラン大使を「強制わいせつ」で刑事告訴!執務室でキスや体撫でまわされたと女性職員

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

もみ消し続けた外務省

   河野太郎外務大臣はきのう6日午後(2019年4月)、「外務省としては、これまで被害者に寄り添った対応をしてきた。セクハラ行為があったと認定された場合には、外務省として厳しい処分で臨む」と話した。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「これはハラスメントを超えた強制わいせつですよ。行為自体は疑う余地がないと思いますが、むしろ問題なのは、外務省の対応です。どこが寄り添って対応しているのだろうと感じます」

   司会の羽鳥慎一「あらめて、女性より外務省を守るんだなって感じます」

   浜田「7年前なら、民間企業ではハラスメントに対する意識は進んでいて、管理職になる人にはそれなりの研修が行われていました。本当、役所は遅れていたのですね」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中