2020年 11月 28日 (土)

真っ赤なシャツに黒パンツで勝負に賭けたタイガー・ウッズの爆勝はあっぱれ!
<マスターズゴルフ 最終日>(TBS系)

   筆者は第3日目から見ていた。深夜の寝る時間だが、タイガー・ウッズが気になって眠れない。最終日は午後から天候が悪くなるというので、1番と10番に分かれて3人一組でプレーする変則的なスタートになった。ウッズはトップのイタリア伊達男のモリナリと、フィナウと一緒にスタートしたのだが。
   このモリナリは全英オープンで優勝したイタ公(失礼)で、その時はウッズがボギーを叩きまくって負けた。モリナリはハンサムな上に経験からくる自信なのか、なかなか乱れない。13アンダーがモリナリ、ウッズが12アンダーというイジイジした展開が続き、就中、ウッズがボギーを叩いて一時は2打差もついてしまっていた。
   ところが、プレッシャーなのか冷静だったモリナリの動きがぎごちなくなる。解説の中島常幸がモリナリの心理を解説してみせた。満員のギャラリーは内心ウッズを勝たせたいので、贔屓の引き倒しでわあわあと応援する。モリナリはさぞやりにくかっただろう。最後は自滅、ボギーを叩いて脱落してゆき、結果は5位だった。
   過去にフラフラ運転で警察に捕まり、屈辱的な映像を撮られたウッズの顔が浮かぶ。だが彼は超目立つ真っ赤なシャツに黒パンツで、負けたら目立ちすぎがマイナスだと思った。日に焼けているとはいえ、白人たちのルックスの良さに対抗するには、黒い肌に負けない強烈な赤で、彼は敢えて勝負に出たのかもしれないとも思えた。(2019年4月15日0時15分~)

(黄蘭)

採点:1
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中