2019年 5月 20日 (月)

朝ドラ「なつぞら」絶好調のスタート1か月!なつは十勝農業高校卒業していよいよ東京編

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NHK連続テレビ小説「なつぞら」(総合あさ8時)がスタートして1か月、好調続きの朝ドラの中でも、とりわけ評判がいい。これまでの平均視聴率は22%台半ばで、これは最近の中では全話視聴率で最も高かった「あさが来た」のスタートダッシュより高い数字なのだ。

   不幸な生い立ち、少女の健気な頑張り、ささやかな幸せ・・・と朝ドラのお約束のストーリーに加え、北海道・十勝の雄大な自然が人気の理由だろう。今週は、ヒロインの奥原なつ(広瀬すず)が敗戦後の混乱の中で生き別れになり、9年間ずっと会いたかった兄の咲太郎ととうとう再会という序盤のヤマ場だ。

   これから物語はなつがアニメーターを目指す東京編になっていく。最近にないヒット朝ドラになりそうだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中